加齢による肌問題を防ぎましょう

乳がんへの効果

高濃度ビタミンC点滴で服用では摂ることができないくらいの
大量のビタミンCを体内に入れることで、乳がんの
治療効果を高めたり、抗がん剤による副作用を
軽減させる治療となります。

高濃度ビタミンCの点滴だけを行うのではなく、
他の治療と併用して行われます。

血液中に高濃度のビタミンCがあることで、血管の外の
細胞にもビタミンCが染み出ていきます。

その染み出たビタミンCをがん細胞は取り込もうとします。

そうすると、細胞内に過酸化水素という活性酸素を発生させます。
正常な細胞は過酸化水素による影響は受けませんが、
がん細胞の中で発生した過酸化水素は細胞を
攻撃して破壊させます。

乳がん

それはがん細胞だけを死滅させるようになります。
乳がんに効果が期待されるには高濃度ビタミンC点滴で
血中のビタミンCを高濃度に保つことです。

そのためには点滴は高濃度ビタミンCでなければならないのです。

濃度が低いと血管お外へ染み出すこともなく、
老廃物と一緒に体外に排出されるだけになります。

乳がんに対しての高濃度ビタミンC点滴治療は
抗がん剤などの化学療法やホルモン療法と一緒に行います。

週に2回から3回程度の高濃度ビタミンC点滴を
3ヶ月ほど続けると言われます。

ビタミン点滴

抗がん剤や放射線治療で副作用があらわれて
吐き気が続いたり、食欲が思うように取れなくなると、
全身状態が悪くなってしまいます。

その時に高濃度ビタミンCの点滴を2から3回程度受けることで
状態が良い方向にと変わっていきます。

全身転移肌問題回復動脈硬化効果がん和らぐ対象者色素整えるsitemap