全身転移の人にも  


癌の代替療法として注目されている
高濃度ビタミンC点滴療法ですが、どのような患者さんに
この治療が適しているかというと、通常のがんの
3大治療で効果が期待できないと言われた人や
すでに進行して転移が確認された人が、
自身の希望でこの治療を受けることで
効果が期待できるものです。

対処する

ステージ1やステージ2の比較的早い段階で
病気が発見できた場合、手術や放射線治療の
治療効果が十分に期待できることから、
代替療法を選択肢とすることは考えにくいですが、
既に症状が進行しており、治療が困難とされる場合、
高濃度ビタミンC点滴を選択肢として
治療を考える人もおられます。

とくに、ステージ3以上に発展しており、
他の臓器やリンパに転移が確認される患者さんの場合、
化学療法を行ったとしても十分な効果が得られず
副作用が主作用を上回ることがあります。

ダメージを与えないように

抗癌剤による副作用は、全身倦怠感、吐き気、
嘔吐、脱毛、めまいなど様々な症状が現れます。

抗癌剤は癌細胞を強く攻撃する効果が期待できながら、
正常細胞にもダメージを加えてしまう強い作用があり、
同時に免疫力低下につながります。

進行期の癌はリンパ液に乗り体中を巡ってしまって
いることがあり、全身転移となると様々な臓器や
リンパ管、骨にまで転移することがあり、このような
状態になると治療が難しくなり、患者さんの
身体の負担も大きくなります。

高濃度ビタミンC点滴療法は、西洋医学の概念で
治療の限界とされる全身転移の患者さんにも有効であり、
点滴により血管内に直接高濃度ビタミンCを投与し、
癌のみを探して集中的に攻撃し、治癒に向かわせます。

全身転移肌問題回復動脈硬化効果がん和らぐ対象者色素整えるsitemap